ホルモンバランスの乱れが治った私の解決方法

ホルモンバランスの乱れが治った私の解決方法

 

ホルモンバランスの乱れ女性ホルモンの増やし方といえば、注射が一番手っ取り早いと思います。女性らしくいたい男性の方が、女性ホルモンの注射を打ったとテレビで観た記憶があります。他には、病院に行けば薬などをもらえるのかも知れません。ドキドキしたり、ときめいたりすると女性ホルモンが増えると聞いたこともありますが信じていません。更年期障害にはホルモンバランスの乱れ「命の母」という一般薬が有名だと思います。更年期障害特有のほてりや疲れなどに効くそうです。気分が落ち込んだり、何もしたくなかったり、元気が出なかったりなど、うつ病などの精神疾患の症状に似ている点があるので、そこは注意しないといけないと思います。更年期障害は中年の女性に多いそうですが、中には30代の方でも発症する方がいるそうです。そうなると、一度病院などに行って、きちんと診てもらったほうがいいと思います。私の知り合いは病院には通わず、年月が経ち自然に治りましたが、個人的な考えでは病院に行くことも選択肢の一つだと思います。婦人科にまずは行ってみて、それから考えるのもいい方法だと感じます。完全予約制のところだったら、他の患者さんにそれほど会うこともなく、カウンセリングなどをきちんと受けれると思うのでおすすめです。

 

叔母の話ですが、50代になってすぐ、ホルモンバランスの乱れ更年期障害を体験するようになったそうです。夜寝ている時に、突然顔が暑くなって目が覚めたら、身体中が暑くて暑くて仕方ない状態になり、その時はまだ夏ではなかったけれど、ホルモンバランスの乱れ冷房を付けずにはいられなかったそうです。一緒に寝ていた叔父は寒すぎて、冷房つけるなんて信じられないと思ったそうです。叔母はこんな体験をするなんて何なのだろうと驚いたそうですが、年齢からして更年期障害と気付き、これがホットフラッシュという症状なのだと知ったそうです。ホルモンバランスの乱れそれ以来、時々その症状は起きるとのことで、しかもホットフラッシュは普段の生活の中で突然起きるので、周りが寒くても、ひとりだけ暑がってる事もあるそうです。叔母が更年期障害のために病院に通院したかはわかりませんが、それまでいつも元気ではつらつとしていた叔母だったので、更年期障害は誰でもなる可能性があるんだなと思いました。私も40代になったばかりですが、早ければ若年性更年期障害という30代からなってしまう方もいると知り、他人事ではないなと感じています。年齢を重ねれば、女性ホルモンが減少していくのは、避けられない事なので、自分が意識的に対処していくべきだと思います。また、更年期障害の症状は様々で、うつ病を発症することもありますから、女性は更年期障害についてよりたくさんの情報と知識が必要ではないかと思います。